加湿器のお手入れ方法

加湿器のお手入れ方法について説明したいと思います。


加湿器のお手入れ方法は、加湿器のタイプによって異なるのでスチーム式、気化式、ハイブリッド式のどのタイプなのかを確認します。


ここでは一般的に使用されているスチーム式加湿器のお手入れ方法を説明します。


スチーム式加湿器の主なお手入れの箇所は、蒸気の吹き出し口、吸気口、水を入れるタンク、水を蒸発させる皿の4個所です。


機種によってはオリジナルの付属品や除菌フィルターなどの部品があるものもありますが、必ず説明書を参考にしてお手入れして下さい。


最初は蒸気の吹き出し口のお手入れをします。


吹き出し口は取り外して、流水で洗った後柔らかい布で拭きます。


細かい所の汚れは、綿棒や古い歯ブラシで擦るといいでしょう。


次は吸気口のお手入れですが、吸気口は取り外しができないので加湿器の中の部品を取り外した後に掃除機の弱でホコリを吸い取ります。


取りきれないホコリは、綿棒でふき取ります。


次に水を入れるタンクとキャップのお手入れをします。


タンクは使用するたびにすすいで使用しますが、水道水に含まれている炭酸カルシウムや塩素などが白く残って固まってしまいます。


特にキャップに付着しやすいので、こまめにお手入れしましょう。


タンクがプラスチック素材ならば、お酢(クエン酸でも可)を水で薄めたものや中性洗剤を水で薄めたものを柔らかい布に浸して、固く絞って汚れをふき取ります。


細かい部分の汚れは、古い歯ブラシを使用してもいいでしょう。


タンクの素材によっては酸に弱いものもあるので、加湿器の説明書をチェックすることが大切です。


最後に水を蒸発させる皿のお手入れです。


この水を蒸発させる皿もタンクと同様にふき取ります。


水を蒸発させる皿にはフッ素加工されているものもありますが、その場合には酸性洗剤や塩素系のものは使用しないようにします。


また金属たわしなどの固いもので擦るのも絶対にしないで下さい。


水を蒸発させる皿は、一番水垢がつきやすい部分なのでこまめにお手入れをしましょう。


加湿器のお手入れは日々のお手入れもとても大事です。


タンクとキャップは毎日すすぎ洗いをして、水を蒸発させる皿は3〜4日に一度お手入れすることをおススメします。


その他の部分は月に一度のお手入れでいいでしょう。


毎日使用すると汚れが溜まるので、加湿器のお手入れをしましょう。

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/120337622
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。