ベンタ加湿器

ベンタ加湿器とは、ヨーロッパで空気清浄機機能がついた加湿器としてベンタエアウォッシャーが独自の技術で約10年前にドイツで販売された加湿器のことです。


ベンタ加湿器は気化式加湿器ですが、今までの加湿器は加熱式加湿器や超音波加湿器が主流でしたが最近は気化式加湿器が増えてきているそうです。


なぜ気化式加湿器が人気があるのでしょうか。


気化式加湿器は加湿しすぎず結露がしにくいので、家具などが湿るということがありません。


結露はカビの原因になりますので、カビ予防にもなりますよね。


また気化式加湿器はヒーターがないので、省エネで吹き出し口が高温にならないのでやけどの心配もありません。


ベンタ加湿器の特徴は、乾燥した室内の空気を自然の気化によって適度に加湿して湿りすぎるということはなく、室内の空気に潤いを与えて健康促進にとても役立ちます。


乾燥した空気は呼吸器系の粘膜を乾燥させ、ウイルスやバクテリアなどが体内に浸入するのを防ぐ能力が低下して感染しやすくなるといった悪影響を及ぼします。


このことから加湿というのがとても大切だということが分かると思います。


私は呼吸器系が弱いので暖房をすると直ぐにノドが痛くなるのですが、加湿器を使用するだけでぜんぜん違いますよね。


女性の方は分かると思いますが、顔も乾燥してくるのが分かってシワシワになりそうな感じになりますよね?


そしてベンタ加湿器で一番の特徴は、やっぱり空気浄化機能付きだということではないでしょうか。


ベンタ加湿器は、空気中のチリやほこり、バクテリアや花粉、そしてタバコの煙までも除去してくれます。


ベンタ加湿器は、小さいお子さんがいるお宅には特におススメだと思います。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。